OB会より現役活動支援

☆現役練習環境整備基金 随時 
☆海外遠征基金     平成29年実施 平成31年検討中

今後のラグビー部現役強化計画が下記のとおり提案されています。こうした活動が計画通り実現されるための資金援助をOB会として支援していく予定です。現在OB会費は集めておりませんが現役への支援基金を募集しております。現役支援に同意されるOBは5千円単位で御協力ください。募金状況・使途については、ホームページ現役活動支援基金をご覧ください。

現役支援計画

1 外部コーチによる指導
すでに紹介した林雅人氏(元慶應大学監督・現アドバイザー)田原耕太郎氏(早稲田大学OB・サントリーサンゴリアス普及委員)に加え、トレーナーに藤崎裕太氏(ゆくる整骨院)、大田千尋氏(現慶應大学トレーナー・元千葉県代表トレーナー)を加えて、大学進学後のラグビー活動に連動したトレーニング・技術指導を行います。すでに日本代表の練習に目標を置き、同様の練習を計画的・段階的に実践しています。 ※外部コーチは現在終了しています。

2 トレーニング環境整備
トレーニング機器も花園出場記念で整備したトレーニング場の機器資材を再度見直し、日本代表監督エディー・ジョーンズが取り入れオーストラリア・コーチングで効果が証明されているコアマックス(ウォーターバックトレーニング)などの新たな機材を購入して実践しています。千葉県女子チームも合同で練習しており、千葉県代表との合同強化トレーニングも千葉東高校でおこなう予定です。

3 海外遠征
2017年3月にラグビー部(OB参加可)でオーストラリア海外遠征を企画しています。東京オリンピックラグビー7人制強化事業と連携しグローバル人材の育成を図り、選手育成・ラグビー関連事業従事者育成の準備を進めています。すでに現地に滞在するスタッフより歓迎の連絡を頂いており、スーパーラグビーの観戦やスーパーラグビーやオーストラリアの大学で指導するトップコーチのレクチャーが受けられます。桐蔭学園も隔年で遠征しており、日本代表の松島などを育てた環境で本場のラグビーに触れることができます。是非、実現に御協力ください。

4 情報の共有
千葉東高校のラグビー部の歴史を後世に伝え、その伝統を継承するために同窓会の御協力によりラグビー部記念碑が生徒昇降口前に建立され、全国大会出場記念絵皿が生徒昇降口正面に設置されています。ラグビー部OB会としても同窓会活動に一層の協力を図るとともに練習環境の充実に貢献していきたいと考えています。現役活動や支援状況などは当ホームページで御紹介していきます。

問合せ先:小幡 幸次郎(監督)学校:043-251-9221  e-mail:kobt102910@yahoo.co.jp

 

2016年6月4日